<<借金をなくすためにできること>

司法書士の主な業務に対する料金

司法書士の仕事は、不動産や法人などの登記関連、裁判所類の作成等です。
これらの業務をする時の料金は、各自定めることになっていますので、バラつきがあり標準的な金額は定まっていません。
ところで、司法書士の料金関係のアンケートが公表されていますので、それにそってどのくらいのバラつきがあるのか見てみましょう。
まず不動産関連の登記でみてみますと、固定資産の評価額が1000万円の土地と建物の登記では、最低が2万円台、最高は10万円を少し超えるくらいです。
平均的な価格は4万円前後になっています。
一方で新築建物などの所有権保存登記では、少しやすくなっていて、最低が1万円台、最高が6万円台、平均が2万円前後です。
会社などの設立登記では、不動産登記より高めになります。
例えば資本金が500万円の開始や設立では、最低が3万円台、最高は30万円台、平均は10万円前後です。
裁判関連の書類作成では平均で6万円前後、個人債務の整理などになりますと平均でも20万円前後かかります。

TOP

登記には司法書士のサポートを

不動産を売買するとき、また相続などで引き継ぐときなどには登記が必要になります。
義務ではありませんが、登記をしておかないとあとあと権利を失ってしまうなどトラブルにつながることもあるのです。
きちんと手続きを踏んでいくことは自分を守るための必要なステップなのです。
登記は自ら申請することができます。
単純な案件であれば法律に詳しい人が自分で申請したというケースもあるでしょう。
しかし、登記申請には揃える書類などがたくさん必要になります。
そういったものを素人がすべて理解してそろえ、申請していくのは難しいことも多いです。
特に複雑な事例などは高度な判断や煩雑な手続きになってしまうこともあります。
そのため、自分でできないと思ったら司法書士のサポートを受けるのが良いでしょう。
まずは相談会などを利用してみて、今後どうすすめていくべきか、アドバイスを受けてみるとよいでしょう。
そのうえで必要なら依頼する形をとっていきましょう。

recommend

最終更新日:2017/10/13