<<借金をなくすためにできること>

司法書士に自己破産の手続きを依頼

借金が膨れ上がり返済が不能になった場合は司法書士に相談して、自己破産の手続きを進める事が出来ますが、全ての借金を払わなくて良いかどうかはその内容によって異なります。
教育費や医療費など止むを得ない事情によって借りた物は免責の対象になりますが、ギャンブルや浪費が原因の借金は免責できないと決められていますので、契約を結ぶ前に「本当に返済していけるかどうか」という点について考えなければなりません。
自己破産手続きを行い、審査によって免責可能となれば以後の借金の支払いがなくなり、お金を貸していた会社は財産差し押さえが不能になります。
ただブラックリストに掲載されますので、新たな借金が必要な場合でも一定期間は借り入れが出来ません。
顧客の融資情報は各金融機関にて情報を共有していますので、これまで取引をした事のない会社でも断られる場合があります。
詳しくgは司法書士から説明を受けてデメリットがあっても自己破産を選択するかどうかを決定すると良いです。

TOP

司法書士のメリットについて

土地の売買や相続などにより不動産の所有者が変更された場合や、会社を設立したり役員の変更をしたりした場合、登記を行うために書類を作成、提出しなければなりません。
登記の作業で収入を得ることが出来るのは弁護士と司法書士だけとなっています。
また出来る仕事には140万円以下の民事裁判におけつ民事事件の事務業務もあり、裁判だけでなく上記に関する法律相談もすることが出来るため、社会的な地位やニーズも高い傾向にあります。
司法書士のメリットは土地や会社がなくならない限り、仕事もなくならないということが真っ先に上がります。
もちろん顧客を獲得することで収入は上がり安定することも大事なメリットと言えます。
しかし仕事がなくならないということは、働き手にとってはとても重要な部分を占めていると言えます。
しかし司法書士の資格を取得したからといって、すぐに安定し収入が確保されるわけではなく、顧客を獲得する努力と営業の努力も一緒に必要になってくるので気を付けましょう。

pickup

学芸大学の内科を探す
http://www.saijo-clinic.com/

最終更新日:2016/7/22